「営業への転職完全ガイド」へようこそ!このサイトは営業職への転職を、わかりやすく解説するサイトです。

営業はコミュニケーション能力のある明るい人だけでなく、実は誰でもチャレンジできる仕事。営業は、「自分ならではのスタイル」を見つけることが大切です!自分のやり方を見つければ、誰でも営業で結果を出すことはできます。

このサイトでは営業への転職について、転職活動のノウハウ・営業職の収入ややりがい・オススメの転職サービスなどを解説します。楽しく営業を頑張ってくださいね!

営業への転職にオススメの転職エージェントランキング!

営業職への転職を考えるときに使うべきなのが「転職エージェント」というサービス。転職エージェントは「担当のスタッフが、求人紹介や転職活動のアドバイスをしてくれるサービス」です。

転職活動を1人で進めるのは、とても大変。わからないことも多いと思います。管理人も初めて転職したときは、わからないことだらけでかなり大変でした(汗)

転職エージェントはいわば「転職のプロ」!スタッフは面談であなたの適性を見極めて、求人を紹介してくれたり、面接を受けるときのポイントをアドバイスしてくれたりします。

ハッキリ言って自己流で活動するのとエージェントを使うのとでは、転職の成功に大きな差が生まれます。

転職エージェントは完全に無料なので、ぜひ活用してくださいね。ここから、オススメのサービスを紹介します。

営業の求人が多い定番サービス「リクルートエージェント」

「リクルートエージェント」はご存知かもしれませんが、転職エージェントの先駆け的サービス。大手企業リクルートならではのネットワークで、営業の求人がたくさんあります。

また、「非公開求人」という限定性の高い求人も豊富で、あなたの経験やスキルを踏まえて、スタッフが特別に紹介してくれることがあります。そのため好条件の転職も期待しやすいです。

リクルートエージェントは全体的にバランスの取れたサービス。豊富な求人と長年に渡って蓄積された転職ノウハウで、しっかりサポートをしてもらうことができます。「転職活動を始めるなら、まず押さえておくべきエージェント」といえます。

2名体制でのサポートが特徴!「doda(デューダ)」

doda(デューダ)は最近かなり人気が高まっている転職エージェント。「条件は、今よりいい会社。以上。」のテレビCMでもおなじみですよね。

dodaの運営会社は「パーソルキャリア」という会社ですが、もともと「インテリジェンス」という社名でした。大手の人材サービス企業なので、ご存知かもしれません。

dodaの大きな特徴は「スタッフ2名体制でのサポート」という点。転職活動全般の相談に乗ってくれる「キャリアアドバイザー」と企業への応募をサポートしてくれる「採用プロジェクト担当」の2名でアドバイスをしてくれます。そのためよりきめ細かなサポートを受けやすく、理想の転職を実現できます。

もちろんdodaはリクルートエージェントと並んで求人数も豊富で、転職ノウハウも充実しています。担当アドバイザーは相性があるため、リクルートエージェントと併用するにも適したサービスです。

高収入を目指したい経験者向けエージェント「キャリアカーバー」

「ん?キャリアカーバー?聞いたことないサービスだな・・」と思うかもしれませんが、キャリアカーバーは実は「リクルートエージェントのハイクラス版サービス」。つまり経験・スキル・実績があり、高収入を目指したい人向けの転職エージェントです。

キャリアカーバーで扱っている仕事はプロジェクトリーダーや部長、取締役などの、マネジメント職が中心。採用のハードルは高めですが、それだけやりがいのある仕事とそれに見合った収入を得ることができます。未経験では相手にされないサービスですが、ひとつの分野で大きなスキルや経験を身につけているなら、登録してみるのはオススメ。

また、あなたを担当してくれるアドバイザーも、高い実力のあるスタッフ。リクルートエージェントから特に実績を出しているスタッフばかりが選ばれているため、安心して転職活動をサポートしてもらえます。

営業へ転職する、5つのステップ

営業に転職するときには、次の5ステップに沿って進めると良いです。5つの段階を、順番に見ていきましょう。

まずは営業がどんな仕事なのかを知りましょう。「自分にもできそう!」「やってよう!」と思えたら、営業に転職する心の準備が整います。>>詳しくはこちら。

転職活動を始めるには、転職エージェントに登録する必要があります。転職エージェントがどのようなサービスなのかを理解して、登録しましょう。>>詳しくはこちら。

やみくもに仕事に応募するのは禁物!まずは自己分析で自分を知り、その上で「履歴書」と「職務経歴書」を作ります。このときのポイントについて解説します。>>詳しくはこちら。

営業とひとことで言っても、会社によって仕事内容・給料・待遇は違います。応募する企業の決め方や、面接対策のポイントを解説します。>>詳しくはこちら。

面接に合格したら、晴れて営業の仕事がスタートします!楽しみながら、営業を頑張ってくださいね!

【転職フェア・セミナーに参加してみよう】

DODAなどの転職エージェントでは、定期的に「転職フェア」や「面接対策セミナー」などのイベントを開催しています。参加することで企業選びのきっかけになったり、より転職活動がスムーズになったりするので、興味がわいたら参加してみるのもオススメ。無料で参加できるものがほとんどで、全国各地で開催しています。

>>【2018年10月】営業への転職に役立つ転職フェア・セミナー情報

営業のメリット・やりがい

営業は「大変な仕事」と思われることもありますが、メリットも多い仕事。主なメリットは、大きく分けて次の4つです。

  • 常に人と接するため、直接感謝されることが多い
  • 成績を伸ばすと、収入に反映されやすい
  • 仕事の自由度が高い
  • ポジティブシンキングが自然と身につき、コミュニケーションが得意になる

常に人と接するため、直接感謝されることが多い

営業は個人のお客さんや企業の担当者と話をして、契約を交わしたり商品やサービスを販売したりします。

もちろん強引な売り込みはダメですが、きちんと相手のことを考えて提案すれば、お客さんから感謝されることは多いです。ときには「ほかの営業スタッフは信頼できないけど、君が言うなら信頼するよ」と言ってくれる人が出てくることも。

やはりダイレクトに感謝の気持ちを伝えられると、誰しも嬉しくなるもの。これにやりがいを感じて、営業にのめり込む人もいます。

成績を伸ばすと、収入に反映されやすい

営業は商品やサービスを売るのが仕事。販売数や獲得した契約数は「数字」と呼ばれ、数字を伸ばす人は高い評価を得ることができます。

つまり営業の評価は「数字を取れる(商品やサービスをたくさん売れる)=能力が高い」というシンプルな形で決まります。数字を伸ばせばそれだけ給料も上がりやすく、不動産や保険の営業はナント年収1,000万円を超える人も!

さらに外資系の保険会社などの場合は完全に実力主義のため、1,000万円どころか2,000万円や3,000万円を稼ぎ出す人もいます。営業の成果は企業の利益に直結するため、大きなチャンスのある仕事なのです。

仕事の自由度が高い

上で紹介したように、営業は「数字を取れるかどうか」で評価が決まります。逆に言えば、「数字を取っていさえすれば、あとは自由」ということ。

営業はどの企業でも、比較的自分のペースで働きやすいです。管理人が営業していたときも、外回りをしているときはカフェに立ち寄って休憩することもありましたし、ほかの会社で営業をしていた友人も、平日の昼間からフラフラしていました(汗)

もちろん会社によって最低限のルールはありますが、それさえ守れば営業は自由。「だって、数字取ってるもん」と言えば、周りからは何も口出しされません(笑)

ポジティブシンキングが自然と身につき、コミュニケーションが得意になる

営業は正直、ネガティブだと成績が伸びません。負のオーラがお客さんに伝わってしまい、購入や契約を控えさせてしまうのです。成績が伸びない原因はお客さんにではなく、自分にあります。

ここで「自分はマイナス思考だし、営業は向いていないな・・」と思うこともあると思います。管理人もぶっちゃけネガティブだったのですが、逆に営業という仕事をキッカケに、考え方を切り替えることにしました。

営業の仕事を始めると、「どうやったら契約を伸ばせるだろう」と前向きに考えるクセがつきます。これを続けていると、強制的にポジティブシンキングへ切り替わります。管理人も営業を経験してから、大きく考え方が変わりました。

また、人とのコミュニケーション能力も上がります。常に人と話すので、会話する力も当然上がるわけです。

プラス思考とコミュニケーション能力が身につくと、人生がかなり大きく変わります。最初は考えを切り替えるのが大変かもしれませんが、得られるものは大きいですよ。

営業にはデメリットもある

営業には上のようなメリットがありますが、正直なところ逆にデメリットもあります。デメリットは主に次の3つです。

  • 多くの場合「ノルマ」があり、達成できないと給料が下がることがある
  • 職場によっては、体育会系のノリが強い
  • 指示を待つのではなく、自分で行動する必要がある

多くの場合「ノルマ」があり、達成できないと給料が下がることがある

営業には「今月は契約を30件」のように、ノルマがあります。ノルマを達成することで「仕事をした」と見なされて、達成できない(未達)と給料が下がってしまうことがあります。

ただし完全な成果主義でない限り、一気に給料がどん底になるようなことはありません。「未達が3ヶ月続くと給料のランクがひとつ下がり、マイナス5,000円」のような感じで、会社ごとにルールが決まっています。

もし未達になってしまっても、慌てないことが大切!先輩や数字を伸ばしている人に聞いたり、対策を考えたりすれば、数字を伸ばすことはできます。

職場によっては、体育会系のノリが強い

営業をしている人には明るく元気でポジティブな人が多く、体育会系のノリが強いことがあります。人によってはこうした空気に、苦手意識をもつこともあるかもしれません。

管理人もあまりガツガツした営業スタイルではなく、お客さんの立場に立つような営業を心がけていたので、がっつり体育会系ノリは苦手でした。最近はこうした雰囲気が以前よりなくなり、わりと落ち着いた感じの営業部も増えています。時代の変化ですね。

指示を待つのではなく、自分で行動する必要がある

営業は「これをやって」と言われて動くのではなく、自分で「どうやったら数字を伸ばせるだろう」と考えて、それを行動に移す必要があります。

人によっては「言われたことをするほうがラクだ」と思うことがあるため、こうした人には営業は不向きです。「営業は実はクリエイティブな仕事」といわれることもありますが、これは契約数や販売数を増やすために、あれこれ考える必要があるためです。

逆に言うと「同じことをずっと繰り返すのは苦手」という人には、営業は向きやすいです。

営業は誰でもチャレンジできる!「自分のスタイル」を見つけよう

営業を始めるときによく悩むのが、「自分でもできるかな」ということ。

  • 「自分はけっこうネガティブなんだよな・・」
  • 「人と話すの苦手なんだよな・・」

管理人は、人それぞれ「自分なりの営業スタイル」があると思っています。

誰でも、気の合う人と合わない人がいますよね。元気が良くて明るい「いかにも営業マン」という人を、苦手にしているお客さんも多いのです。「いい人そうだけど、結局は売り込まれそう」と感じるためです。

管理人も、何だかお客さんと雑談するような感じで営業をしていました(笑)「君は営業っぽくないよね」と言われることもよくありましたが、「営業っぽくないから信用するよ」と言って契約してくれる人が多かったです。

無理に明るく元気な営業マンを目指さなくても、自分なりのスタイルを見つければ大丈夫です。

営業には種類がある。ピンとくるものを選ぶのがオススメ

ひとことで営業といっても、実は種類があります。主な営業の種類は、次のようなものがあります。

種類 内容 向きやすい人
個人営業 個人のお客さんに商品やサービスを販売する営業。 お客さんから感謝されることに喜びを感じる人。
法人営業 法人のお客さんに商品やサービスを販売する営業。 スーツでの営業に憧れるのある人。
ビジネスということを意識して営業をしたい人。
新規開拓 これまで取引のないお客さんを見つける営業。
見込み客のリサーチやアポ取りなど、手間や時間はかかりやすいが、高収入な仕事も多い。
高収入を狙いたい人。
営業スキルをイチから身につけたい人。
ルートセールス これまで取引したことがあるお客さんに、再購入や追加購入を提案する営業。法人営業に多い。
契約や販売数を伸ばしやすく、初心者向けの仕事。
働きやすさ重視で営業を始めたい人。
外回り営業 外出して、営業先を回る仕事。外を歩き回る時間が多いため、夏冬は体力を使う。 高収入を狙いたい人。
動き回って働くのが好きな人。
訪問販売 個人のお客さん宅を回り、商品やサービスを購入してもらう営業。牛乳の定期購入や布団の販売、新聞の契約など。 高収入を狙いたい人。
動き回って働くのが好きな人。

このように営業の種類は仕事によってさまざまなので、「これならできそうかな」のように、ピンと感じるものを選ぶと良いです。

営業の給与体系は「固定給」と「成果報酬(インセンティブ)」がある

営業は年収1,000万円越えなど、高収入の人が多い職種。どうしてこうした給料を得られるかというと、「営業成績に応じて給料が上がったり、報酬がもらえたりするため」です。

企業の目的は、売上を伸ばして利益を得ること。営業の販売数や契約数、売上や利益の伸びに直結します。たくさん売ってくれる営業は企業にとってとてもありがたい存在で、報酬が支払われるのです。また、営業をしている人はこうした手当をモチベーションに、「次も頑張って、がっつり稼ごう!」と思うわけです。

ただ、営業ならどんな会社でも年収1,000万円を狙えるわけではなく、「給与体系」をチェックする必要があります。営業の給与体系は「固定給」か「成果報酬型」に分かれていて、そのどちらか、もしくは両方を組み合わせた給与体系になっていることもあります。

落ち着いて働きたいなら固定給、年収1,000万円などの高収入を狙うなら成果報酬がオススメ。会社によっては両方を組み合わせていることもあるので、求人を見て考えると良いです。

また、営業は「スキル」です。一度営業として数字を伸ばせるようになると、扱う商品やサービスが変わっても同じように結果を出すことができます。そのため最初は固定給で頑張り、その後にあらためて転職して成果報酬に挑戦する人もいますし、最初から高収入を狙ってインセンティブの営業を始める人もいます。

営業の求人は多く、誰でも応募しやすい!

営業の求人は、ほかの職種より多いです。転職エージェントのDODAで公開されている求人を見ると、営業はさまざまな職種の中で一番求人が多いです(2018年8月現在)。つまりそれだけ必要とされている仕事といえます。

営業はこれから到来する「AI時代」にも、なくなりにくい仕事といわれています。作業的な仕事はAIやロボットに取って代わられてしまいますが、営業は「人と人とのコミュニケーション」、つまり感情が大切なため、なくなりにくいのです。ロボットに感情はないですからね。

求人が多いということは、「それだけ自分に合う仕事を探しやすい」ということでもあります。仕事内容・給料・待遇などをチェックして、「これだ」と思う仕事を見つけてくださいね。転職エージェントのスタッフに相談すれば、自分に合う仕事を一緒に相談することもできます。

新しい商品やサービスを買うときは、ワクワクしますよね。営業は「お客さんに幸せを提供する仕事」ということもできます。スキルを身につければさまざまなところで活躍できるようになり、やりがいや収入もアップします。ぜひこれからに期待して、営業への転職活動を頑張ってほしいと思います!

投稿日:2018年8月12日 更新日:

Copyright© 営業への転職完全ガイド , 2019 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.