未分類

営業への転職には「転職エージェント」を使うべき!おすすめランキングを紹介

投稿日:2018年8月17日 更新日:

営業への転職活動を始めるには、「転職エージェント」を使うべき!

転職活動は自分だけで進めることもできますが、わからないことや悩みが出てくることもあるもの。こうしたときに相談できる人がいないと、時間がかかったり転職があまり良いものにならなかったりします。

転職エージェントを利用すると「担当アドバイザー」がついてくれて、「あなたに合う求人の紹介」や「転職活動のアドバイス」を無料でしてくれます。転職エージェントを使うのと使わないのとでは、転職の結果に大きな差が生まれるのです。

そこでここでは「営業へ転職する場合の転職エージェント」について、詳しく解説します。これであなたも転職活動をスムーズに進められるようになり、希望にぴったりの仕事も見つけやすくなるはずです!

営業への転職にオススメの転職エージェントランキング

まずは営業への転職にオススメの転職エージェントを、ランキング形式で紹介します。どのエージェントも定評のある人気サービスで、安心して使えます。

転職エージェントを使うのと使わないのでは、ハッキリ言って転職のしやすさ・満足度に大きな差が生まれます。料金は完全に無料なので、ぜひ活用しましょう!

求人が豊富でアドバイザーの実力も高い「リクルートエージェント」

まずオススメなのは定番の大手転職エージェント、リクルートエージェント。

リクルートエージェントは営業の求人がたくさん揃っていて、限定的に紹介される「非公開求人」も豊富。リクルートはさまざまな企業とネットワークがあり、転職に関するノウハウも長年にわたって蓄積しています。そのため営業への転職に使うのに、ピッタリなサービスです。

また、担当してくれるアドバイザーも高いスキルを持っています。リクルートエージェントで転職した人はたくさんいるため、さまざまな事例を元にあなたへのアドバイス・サポートをしてくれます。履歴書・職務経歴書・面接など、転職活動をする上で気になることはドンドン相談しましょう。

リクルートエージェントは「転職するならまず使うべき、スタンダードでオススメのサービス」といえます!

2名体制でのサポートが特徴の「DODA(デューダ)」

2番目にオススメなのはDODA(デューダ)。最近はテレビCMもたくさん流れていて、「条件は、今よりいい会社、以上」のフレーズを覚えている人もいるはず。DODAはパーソルキャリアという企業が運営しています(インテリジェンスという名前から社名変更)。

DODAの大きな特徴は「2名体制でのサポート」という点。転職活動全般に詳しい「キャリアアドバイザー」と、応募する企業が決まってからの書類・面接をサポートしてくれる「採用プロジェクト担当」の2人体制でアドバイスをもらえます。こうしたしっかりした体制でサポートしてくれる転職エージェントは、なかなかありません。

DODAは大手なのにこうしたサービスを提供していて、求人も転職ノウハウももちろん充実。職務経歴を簡単に作れる「レジュメビルダー」や自分の経験・スキルを登録すると企業からお誘いがくる「スカウトサービス」、適正年収をチェックできる「年収査定」など、使えるツールが揃っています。

高収入・高待遇を目指す経験者向け「キャリアカーバー」

キャリアカーバーはあまり聞いたことがないかもしれませんが、「リクルートエージェントのハイクラス版サービス」。つまり、高収入やマネジメント職を目指したい人向けのエージェントです。

キャリアカーバーは企業に実績としてアピールできる経験やスキルがないと、良い求人を紹介してもらうことができません。未経験から営業を目指すには不向きですが、逆に営業の経験があるならとてもオススメのサービス。サポートしてくれるアドバイザーも実力が高く、リクルートならではの好条件・高待遇な求人を紹介してくれます。

転職でキャリアアップを目指すなら、キャリアカーバーはとてもオススメです。

転職するなら「転職エージェント」を使うべき!3つの理由

転職活動は自分で進めることもできますが、転職エージェントを使うのが圧倒的にオススメ。その理由は、次の3つです。

  • アドバイザーが求人を見極めて、自分に合うものを紹介してくれる。
  • これからの仕事について相談でき、アドバイスをもらえる。
  • 履歴書の書き方や面接の受け方など、転職のノウハウを受け取れる。

それぞれについて、詳しく解説します。

アドバイザーが求人を見極めて、自分に合うものを紹介してくれる

営業の求人は、さまざまなところで募集されています。ハローワーク・新聞の求人チラシ・フリーペーパーなどでも仕事は募集されていますが、これらに乗っている求人への応募はやめておくべき。その理由は「求人のチェックがされていないため」です。

求人を募集したい企業の広告は、確認されずにそのままチラシやフリーペーパーに掲載されます。

フリーペーパーなどでは「月収35万円可能!未経験歓迎」のような求人を見つけることがよくあります。ただ、こうした求人は正直、嘘の場合があります(汗)面接を受けてみると給料が違ったり、仕事がメチャクチャ大変だったりするのです。今の時代、いわゆる「おいしい話」はそうありません。

企業は良いところばかりではなく、ブラックな会社もあります(汗)特に営業ではこうした会社が多いので、なるべく避ける必要があります。

転職エージェントは面談であなたに仕事を紹介してくれますが、企業の担当者とも求人募集の相談をしています。

これはつまり「アドバイザーが企業をチェックしている」ということでもあります。アドバイザーが安心して働ける会社なのか前もってチェックしてくれるため、転職エージェントは使うべき価値があります。

今後の仕事について相談でき、アドバイスをもらえる

何となく営業をしたいと思っていても、自分だけで今後の仕事について考えられなかったり、何が自分に向いているのか分からなかったりすることはあります。管理人も昔はそうでした(笑)

分からないことが多い中、自分1人で転職活動を進めるのはとても大変。転職エージェントでは転職希望者1人ずつに担当アドバイザーがつくため、悩みや不安があれば相談することができます。

転職エージェントのアドバイザーは「転職のプロ」。1人ではなかなか思いつかないアドバイスをくれることもあるので、気軽に質問などをしてみましょう。こまめに連絡しているとアドバイザーも気にかけてくれて、「大丈夫ですか?」とていねいにサポートしてくれます。

履歴書の書き方や面接の受け方など、転職のノウハウを受け取れる

転職エージェントに登録すると、さまざまな転職活動のノウハウを受け取ることができます。

当サイトでも営業への転職に必要な情報を提供していますが、転職エージェントでは「転職フェア」「面接対策セミナー」など、リアルな場での情報提供もあります。もちろん無料で利用できるので、活用してみるのもオススメです。

また、アドバイザーが「あなたに合った形でアドバイスをしてくれる」という点もメリット。「前に転職した方は、こんな風でしたよ」という事例を紹介してくれたり、「山田さんは前職で企画の仕事をされているので、こんな会社の営業はどうですか?」のように経験やスキルを踏まえて仕事を提案してくれたりします。

営業への転職には「大手の転職エージェント」がオススメ

以上のようなメリットがある転職エージェント。転職エージェントには種類がありますが、営業に転職するなら「大手」がオススメ。その理由も次のように、3つあります。

  • 大手には質の高い求人が集まりやすく、数も豊富。
  • 転職ノウハウと事例が多く、アドバイザーの実力が高い。
  • 転職に役立つツールやセミナーが充実している。

これもそれぞれについて、見ていきましょう。

大手には質の高い求人が集まりやすく、数も豊富

大手の転職エージェントには、良い求人が集まりやすいです。

大手のエージェントはさまざまな企業とコネを持っていて、求人をすぐに確保することができます。その中には大手企業の仕事や好条件なものも多く、質の高いものが多いのです。

また、大手のエージェントにはたくさんの求人が集まってくるため、エージェントの担当者は求人を多少絞り込んでも、数を確保することができます。そのため転職希望者に、良い求人だけを紹介しやすいのです。

企業からしても、「人が必要だから、リクルートとDODAで募集をかけよう」のように思うことは多いもの。「求人募集をかけるなら、まず大手」というイメージがあるため、リクルートやDODAにはどんどん求人が集まっています。

2018年8月現在、一般に公開されて求人だけで、リクルートエージェントは約13,000件、DODAは11,000件の営業の仕事があります。リクルートエージェントは非公開求人の数も公開していて、さらに約40,000件の仕事があります。トンデモない量です。

これだけたくさんの求人があれば、自分に合うものが1つや2つはあるはず。大手は求人を紹介してもらいやすく、自分にピッタリな職場も見つけやすいのです。

転職ノウハウと事例が多く、アドバイザーの実力が高い

大手のエージェントが良い理由として、「転職ノウハウ」と「これまでの転職実績」が多いことも挙げられます。

大手のエージェントは長年にわたってサービスを運営していて、サポートを通して転職した人もたくさんいます。こうした事例を通して、転職エージェントはノウハウを蓄積しているのです。

転職をしたい人それぞれに合わせてサポートするのは、しっかりしたノウハウがないとできません。人によって「高収入を目指したい」「大阪市内で働きたい」など、仕事への希望は違います。こうした個別の要望に合わせてベストな求人を提案できるスキルは、やはり大手エージェントのアドバイザーが強いのです。

転職に役立つツールやセミナーが充実している

大手のエージェントはよりサービスを充実させる資金力があるため、転職に役立つツールやセミナーも整えています。

エージェント 主なサービス
リクルートエージェント ・面接力向上セミナー
・リアルな企業情報(エージェントレポート)
・転職活動を管理できるマイページ「Personal Desktop」
・転職情報メール
DODA ・転職フェア
・会社説明会・個別相談会
・スカウトサービス・年収査定・合格診断・キャリア診断
・職務経歴書作成ツール「レジュメビルダー」
・転職情報・求人通知メール

大手のエージェントであるリクルートエージェントとDODAの主なサポートツール・サービスは上のような内容になっていて、とても充実しています!

リクルートエージェントはアドバイザーのサポートを重視しているスタンダードなサービスですが、DODAは転職フェア以外にもスカウトサービスやレジュメビルダー、年収・企業の合否・キャリアなどを診断できるツールがたくさん用意されています。こうしたものも有効活用すると、より転職活動を進めやすくなります!

転職エージェントを使う人の中には、アドバイザーとのやりとりはするものの、上のツールやセミナーなどをあまり活用しない人もいます。ただ、これはもったいないです!より良い転職ができれば、その後の仕事や収入に大きく影響するので、使えるものは使うことをオススメします。

転職エージェントを利用するときの流れ

ここまで紹介してきたように、転職エージェントはぜひ使うべき。その中でも大手のエージェントは、営業への転職するなら適しています。

転職エージェントは次の4ステップで利用します。

  • 公式サイトから登録。
  • 担当アドバイザーから連絡がきて、面談日時を決める。
  • 面談でのキャリアカウンセリング・求人の提案。
  • 求人に応募して、面接を受ける。

公式サイトから登録

まずは公式サイトから無料会員登録のボタンを押して、登録します。会員登録に必要な情報は氏名・住所・電話番号・メールアドレスのほか、「転職したい時期(3ヶ月以内や半年以内など)」「希望の勤務地」「今の年収」などを入力します。

アドバイザーは登録された情報を元に求人を紹介してくれるため、きちんと入力しましょう。

担当アドバイザーから連絡がきて、面談日時を決める

登録が完了すると、転職エージェント内であなたの「担当アドバイザー」が決まります。そしてこのアドバイザーからメールや電話で連絡がきて、面談日時を決めることになります。

面談は全国の各地にある、転職エージェントのオフィスで行われます。指定の日時にオフィスへ向かうとアドバイザーが待ってくれていて、面談が行われます。

アドバイザーとの面談は企業との面接ではないため、私服でOK。ただしアドバイザーにも好印象をもってもらうと、「この人には良い仕事を紹介できそうだ」と思ってもらいやすいです。そのためなるべく、清潔感のある服装で向かうことをオススメします。

もしボサボサの身だしなみ・ラフな服装で面談に行くと、アドバイザーから「この人は大丈夫なのかな?企業に紹介できないな・・」と思われてしまうので気を付けましょう。

面談でのキャリアカウンセリング・求人の提案

アドバイザーとの面談では主に「キャリアカウンセリング」というものと、「求人の提案」が行われます。

キャリアカウンセリングではあなたの経験やスキルをアドバイザーが確認してくれて、それに合わせて「あなたの経験やスキルなら、こんな仕事がありますよ」という提案をしてくれます。アドバイザーは対面で会話をしながらあなたの希望も聞いてくれるので、「こういう仕事がいい」ということがあればしっかり伝えましょう。

ただしもちろんですが、あまりに細かい要望を伝えると、応募できる仕事は少なくなります。ある程度の妥協が必要な場合はあるので、頭に入れておくと良いです。

面談のときに、すぐ仕事を紹介してもらうこともできます。もし興味の湧く求人があれば、履歴書と職務経歴書を作成して応募することになります。この場合、転職活動を始めて1〜2ヶ月ほどで次の勤務先が決まることもあります。

もしアドバイザーから提案された求人を少し考えたい場合は、すぐに応募する必要はありません。また後日にアドバイザーが別の仕事を提案してくれるので、自分に合うかどうかをチェックします。こうして「ここがいい」という求人を決めたら、応募します。

求人に応募して、面接を受ける

求人に応募すると履歴書と職務経歴書による書類選考があり、これに通過すると面接を受けることになります。

書類選考はそれほどハードルが高くないため、受かることが多いです。面接は当サイトでも対策方法を紹介しているほか、エージェントのアドバイザーも「この企業はこういう方針なので、これに合わせてこう答えると良いですよ」のようにアドバイスをしてくれます。準備を整えて受ければ、合格率はアップするはずです!

面接を受けて合格したら晴れて内定となり、その企業へ入社するかどうかの最終決定をします。入社を決めたら転職エージェントのサポートも終了となり、転職活動を終えることになります。

転職エージェントは以上のような流れで利用します。まずは転職活動の全体像を、把握しておいてくださいね。

転職エージェントが無料なのは、企業から報酬を得ているため

ちなみに転職エージェントは、なぜ無料で使えるのか?? ふと気になることもあると思います(笑)転職エージェントは本当に便利で、本当にタダで仕事の紹介や転職のサポートをしてくれます。

転職エージェントが無料なのは、「企業から報酬をもらっているため」。つまりエージェントは転職をしたい人からではなく、人材を採用したい企業からお金を受け取っています。

企業はエージェントに良い人材を紹介してもらうと、「紹介料」という費用をエージェントに支払います。エージェントはこれが利益であり、転職サポートサービスの運営資金となっています。また、企業はお金を払うかわりに、転職エージェントに人材の募集を任せることができます。

エージェントが人材を紹介することで受け取る紹介料は、「転職者の年収の10〜20%」といわれています。つまり転職する人の年収がこれから500万になるなら、転職エージェントは50〜100万円の利益を得ることになります。

このように企業からの紹介料でエージェントは十分に利益が出るため、転職希望者へのサポートは無料となっているのです。

転職したい人:無料で転職のサポートをしてもらえる。
人材を採用したい企業:お金を払えば、人材の募集をエージェントに任せられる(手間が省ける)。
転職エージェント:企業から利益を得られる。

このように、転職希望者・人材がほしい企業・転職エージェントそれぞれが得をする仕組みになっています。営業でいう「トリプルwin(関係する3者全員にメリットがある)」という関係です。

つまり転職エージェントが無料なのには理由があり、「タダほど高いものはない」みたいにウラがあるものではありません(笑)安心してくださいね。

転職エージェントを活用して、理想の転職を!

転職エージェントは転職活動をする上で、欠かせないサービス。自分だけでやみくもに仕事探しをすると不安や悩みが出てきたときに相談できず、自分に合う企業も見つけにくいです。プロである転職エージェントを活用することで、希望の仕事をスムーズに見つけやすくなります。無料なので、ぜひ使ってみてくださいね。

転職エージェントに登録したら、「履歴書」と「職務経歴書」を作る必要があります。これについては次のページで解説しているので、参考にしながら作ってみてくださいね!

-未分類
-, , ,

Copyright© 営業への転職完全ガイド , 2019 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.