未分類

未経験から営業へ転職する場合の面接対策!よくある質問・自己紹介・逆質問

投稿日:

転職活動で一番メインとなるのが、「面接」です。企業に入社できるかどうかは、面接でほぼ決まるといっても過言ではありません。もちろん履歴書・職務経歴書も大切ですが、最後はやはり面接での印象が重視されるのです。

特に入社したい企業の面接は、しっかりと対策して向かうことが大切。そこでここでは「営業に転職する場合の面接対策」について、詳しく解説します。しっかりと準備をして向かえば、理想の転職を果たせるはずです!

【こちらのページも参考に】>>営業への転職に失敗しないための転職エージェント!


転職活動での面接は1回が基本

転職活動での面接は、1回が基本です。大学を卒業するときの新卒時は2〜3回の面接が行われることもありますが、転職活動はみんな忙しい中でやるもの。そのため多くの場合、面接は1度のみです。受ける会社が大手の場合は、2回の面接がある場合もあります。

つまり1度の面接で合否が決まるので、失敗するとその時点で不採用です。入社したい会社を決めている場合、前もってしっかり面接対策をする必要があります。

自己分析で、自分の考えをハッキリさせておこう

面接対策でまずやっておくべきなのは、「自己分析」。

自分についてハッキリわかっていないと、企業の面接官から質問されたときに自信をもって答えられません。次の3点については、必ず自分自身に問いかけて答を出しておきましょう。

  • なぜ、転職をしたいのか?(必ず前向きな形で!)
  • あなたは今後、営業としてどんな風に仕事をしたいのか?
  • 企業にアピールできる、あなたの経験・スキルは?

きちんと言葉で伝えようとすると、上の3つは意外と答えられないもの。また、何となく「その場しのぎで考えたフレーズ」を面接で話してしまうこともよくあります。

面接は、恋愛にも例えることができます。

相手から表面的に「あなたが好きです」と言われても、「なんで??」となるはず。「本当はお金目的なんじゃないの?」のような感じで、信じきれないこともありますよね。

企業の面接も、これと似ています(笑)上の3つの質問について納得のいく答を出しておくと、熱意や気持ちを込めて面接官に伝えることができます。すると企業に響きやすくなり、合格の可能性も高くなります。

自己分析は頭で考える必要があるので、実はけっこう手間がかかる作業。ただ、その分だけ良い転職につながりやすくなります。

「なぜ自分は営業をしたいのだろう」のように考えながら、紙に思ったことを書いてみてください。すると頭の中が整理しやすくなり、考えをまとめることができます。

面接へ向かうときに必ず押さえるべき4つのポイント!

自己分析はあくまでも下準備!ここから本格的に、面接対策のポイントを紹介します。

まずは基本的な注意点をおさらいしておきましょう。

  • 時間厳守!遅刻しそうなときは必ず連絡を。
  • スーツはクリーニングに出し、身だしなみにも気をつけよう。
  • 履歴書・職務経歴書を忘れずに持っていく!
  • 明るい雰囲気を意識する。

すでに十分わかっていることもあるかもしれませんが、念のためチェックしておいてくださいね。それぞれのポイントを、順番に見ていきます。

時間厳守!遅刻しそうなときは必ず連絡を

面接は必ず時間を守りましょう。予定時刻の5〜10分前くらいに到着すればOK。企業の採用担当者にも予定があるため、約束の時間より大幅に早いと失礼になります。

また、場合によっては、電車が事故などで遅れてしまうこともあるもの。こうしたときは慌てず、その場で企業に電話をしましょう。「申し訳ありません。電車が人身事故で遅れてしまっていて、15〜30分ほど遅れてしまいそうなのですが・・」と相談すれば、だいたいの場合は「大丈夫ですよ」と言ってもらえるはずです。

無断で遅刻すると、その時点で不採用になる可能性が高いです。時間にルーズな人は、社会人の基本ができていないためです。

スーツはクリーニングに出し、身だしなみにも気をつけよう

面接に行くときには、服装に気をつけることが大切!スーツやシャツ・ブラウスなどをクリーニングに出し、シワのない状態にしておきましょう。

また、「身だしなみ」にも注意する必要があります。髪の毛はボサボサにならないように整えて、ヒゲも朝イチで剃っておきましょう。

営業はいつも人と会う仕事のため、第一印象がとても大切。相手に好印象をもってもらうには、「清潔感」が大切です。

営業をしている人の中にはピンストライプのスーツに目立つ柄のネクタイなど、おしゃれを意識している人がいます。ただ、面接へ行くときには、なるべくシンプルな柄のほうが良いです。

履歴書・職務経歴書を忘れずに持っていく!

面接には履歴書・職務経歴書を持参することが多いです。普段は持ち歩かないものなので、うっかりしていると忘れることがあります。前日にカバンに入れておくと、こうしたトラブルを防げます。

履歴書と職務経歴書はクリアファイルに入れて、曲がらないようにしておきましょう。面接では封筒などに入れずそのまま提出しても失礼になりませんが、心配なら無地の封筒に入れておくのがオススメです。

明るい雰囲気を意識する

面接では、第一印象がとても大切!なるべく好感をもってもらえるよう、明るい雰囲気を意識しましょう。

少し声を張って「失礼します」「よろしくお願いします」のように伝えると面接官に「良い感じの人だな」と思ってもらいやすくなり、その後の質疑応答もスムーズに進みやすいです。

いつも明るくさわやかな人は、営業でも結果を出しやすいです。これからの練習も兼ねて、自分の雰囲気が好印象になるよう意識してみてください。

営業へ転職する場合の面接で、よく聞かれる質問

面接では「よく聞かれる質問」があります。次の6つの質問はどの企業でも聞かれることが多いため、前もって自分なりの答を用意しておくと良いです。

  • なぜ当社の営業に応募したのですか?(志望動機)
  • 2分で自己紹介(自己PR)をお願いします。
  • 前職はなぜ退職されたのですか?
  • 前職で学んだことや得たことを教えてください。
  • 退職されてから今までは、何かしているのですか?(退職済みの場合)
  • 営業として、どんなキャリアビジョンを考えていますか?

質問の回答を考えるときはフレーズをまるまる暗記するのではなく、「こういう内容を答えよう」というイメージをもっておけばOK。自己分析ができていると、上の質問にもしっかり答えることができます。

決めたフレーズ通りに話そうとするとどうしても固くなってしまいますし、面接官に「この人、前もって決めた内容を話してるな」とすぐにわかります。その場の空気に合わせて話すほうが、企業の担当者に伝わりやすくなります。

それぞれの質問を、順番に見ていきましょう。回答例も紹介しています。

なぜ当社の営業に応募したのですか?

これはあなたの「志望動機」が問われています。

どの企業にも当てはまるありきたりな内容だと「ウチでなくても良いのでは?」と思われて、不採用になる可能性があります。なるべく「その会社にしかない特徴があるから応募した」というニュアンスで伝えましょう。

NGな回答例】
私は人と接することが好きなため、人と関わる仕事をしたいと思いました。御社なら会社の体制が整っており、福利厚生もしっかりしているため、営業として働きやすいと感じて応募させて頂きました。

OKな回答例】
私はこれまで塾講師として英語の講師として働き、学生や保護者の方と接してきました。その中で私がとても良いと感じて生徒に勧めていたのが、御社の教材です。新たな仕事にチャレンジしたいと考えたとき、御社の教材を提案する営業ならやりがいをもって働けそうだと思い、応募させて頂きました。

OKな例では自分の体験やエピソードを、企業の仕事内容と絡めて伝えています。なるべく具体的に伝えることが、面接官に響くコツといえます。

NGな例は一見良さそうにも思えますが、どの企業にも当てはまるのでボンヤリしています。「会社の体制が整っている」「福利厚生がしっかりしている」というのもよく聞きますが、言ってしまえばありきたりなフレーズ。自己分析で自分について知ることと、企業や仕事内容をよくチェックする必要があります。

2分で自己紹介(自己PR)をお願いします

面接のときに時間制限を設けられて、自己紹介や自己PRを求められることも多いです。時間は企業によって異なりますが、1〜3分くらいの場合が多いです。臨機応変に対応できるよう、簡単に伝えたり少し長めに伝えたりできるようにイメージしておきましょう。

自己紹介で含めると良いのは、次のポイント。上から順に含めながら話すと良いです。

  • 名前
  • 住んでいる場所
  • 前職の仕事内容
  • 面接を受ける企業への志望動機
  • 自分のアピールポイント
  • 今後の仕事への意気込み
【例1】
佐藤隆と申します。静岡市に住んでいます。前職は食品会社で企画をしており、新しいお惣菜メニューを考える仕事をしていました。企画をしながら取引先の方とお話しする機会が多く、人と関わる営業の仕事にチャレンジしてみたいと考えて、応募させていただきました。これまでの仕事で日々新しいアイデアを考えていたため、営業の仕事でも日々考えながら取り組みたいと思っております。よろしくお願いします。

【例2】
川島良太と申します。横浜市に住んでいます。私は車が好きで、これまでタイヤの素材を開発する仕事をしておりました。営業はこれまでの業務と大きく違うのですが、私は人と関わるのが好きな性格のため、やってみたいと思いました。御社の車がとても好きで、技術的な知識をもってお客様に最適な提案をしながら販売したいと考えております。勉強することは多いと思いますが、頑張ります!よろしくお願いいたします。

面接の前に「前職の仕事内容を簡単にまとめるなら、何て言おう?」「自分のアピールは何だろう?」のように考えると、簡単に伝えるフレーズを思いつきます。

面接本番ではこれをつなぎ合わせて、企業に伝えるイメージです。1分バージョンや2分バージョンと、だいたいのイメージを作っておきましょう。

前職はなぜ退職されたのですか?

これはあなたの「転職理由・退職理由」を聞かれています。

これは基本ですが、「マイナスな理由」は絶対にNGです!

NGな転職理由・退職理由の例】

  • 前の職場は人間関係が悪かったため、転職を決意しました。
  • 前職は残業が多くて大変だったため、退職しました。
  • 前の会社は給料が伸びないため、転職したいと考えました。

上のような理由を伝えてしまうと、面接官はあなたに大きなマイナス印象をもってしまいます。企業の採用担当は「また人間関係で辞めるのでは?」「ウチも残業はあるよ?」「給料が低いのは、あなたの実力不足では?」と思うわけです。

なので上のような理由で転職を考えたり退職したりしたとしても、面接で伝えるときには「前向き」に伝えることが大切です。

OKな転職理由・退職理由の例】

  • 正直、前職では人間関係が思うようにいかず、ストレスから退職してしまいました。ただ、私から周りの人とコミュニケーションを取れていなかったことが原因と考えており、今後は環境と気持ちを切り替えて頑張りたいと思っています。
  • 前職では残業が多く、終電まで仕事をすることもよくありました。これは私の至らなさなのですが、体力不足で体調を崩してしまい、そのまま退職となりました。もちろん残業があるのは大丈夫ですが、もう少し落ち着いて働ける職場をと考えています。

上のように「反省していて、自分にも改善すべき点があった。今後は環境を変えて頑張りたい」というニュアンスで伝えると、企業は納得してくれやすいです。

ちなみに転職理由が元から「営業にとても興味がある」「ステップアップしたい」「より自分の実力を発揮できる仕事をしたい」という前向きな内容の場合は、もちろんそのまま伝えてOK。本心でこうした理由から転職するなら、企業にもしっかり響きます。

前職で学んだことや得たことを教えてください

面接では、前職の詳しい内容を聞かれることも多いです。

営業と大きく離れている仕事の場合はあまり深く質問されませんが、人と関わることが多い仕事や商品の購入・契約などが関係する仕事をしていた場合は、「どんな仕事だったのですか?」「仕事から、何を得られましたか?」のように聞かれることが多いです。

「今までやってきた仕事なんて、あらためて考えなくてもわかってるよ」と思うかもしれません。ただ「何を学びましたか?」のように聞かれると、具体的に答えられないことはよくあります。

そのためこれも自己分析を通して、「キャリアの棚卸し」をしておくことが大切!自分がどんな仕事をしてきて、経験・スキル・技術として身についたことは何なのか、ハッキリさせておきましょう。

ちなみに少しテクニック的ですが、最初に「2つあります」のように、項目の数を伝えるのは効果的。結論を最初に言うことで、面接官があなたの話を聞きやすくなります。

【例】
「私が前職で得たことは、大きく分けて2つあります。
ひとつは「マネジメント能力」です。私はチームで企画の仕事をしており、その責任者をしていましたが、メンバーがいてくれたからこそプロジェクトを達成できたと思っています。自分1人ではプロジェクトが成り立たないことを実感しました。御社ではグループで営業の仕事をするとお聞きしているため、この経験を活かせたらと思います。

2つ目は「常に考える」ということです。常に考えることで良いアイデアを生み出すことができ、それを次のアクションに活かすことができます。営業活動をする上でも、常に提案方法などを考えながら仕事をできたらと思っています」

一般的には3つ挙げるのが良いとされていますが、3つのポイントを挙げるときは長くならないように気をつけてください。2つでもきちんと話せば、アピールになります。

退職されてから今までは、何かしているのですか?(退職済みの場合)

すでに前職を退職している場合、ブランク期間についても聞かれることが多いです。

当然ですが、このときに「何もしていません」と伝えるのはNG。「これからの仕事について、前向きな行動をしている」というニュアンスで話す必要があります。

【例】

  • 「英語に関係する営業の仕事をしたいと考えているため、英語の勉強をしていました」
  • 「退職後はこれからの仕事について、じっくり考える時間を取っていました。自己分析に時間をかけていたのですが、そこから営業の仕事が自分に向いていると気づきました」
  • 「今後のキャリアについての相談を、友人や先輩などにしていました」

上のような形で伝えれば、だいたいの面接官は「そうなのですね」と納得してくれます。ただ、場合によっては「その結果、何が得られましたか?」「今後について、考えがどう変わりましたか?」と聞かれることがあるため、答えられるように準備しておくと良いです。

適当に答えてしまうと、追加の質問がきたときに詰まってしまうことがあります(汗)そのため「自分が実際にしている、前向きな行動」を考えてみてください。

営業として、どんなキャリアビジョン(キャリアプラン)を考えていますか?

これは「あなたが今後のキャリアについて考えているか」を確認する質問。大まかにでも良いため、なるべく将来のビジョンをイメージしておくと良いです。基本的には「ウチでその仕事はムリだよ」と感じられるような内容でない限り、答えられればOKな場合が多いです。

  • まずは営業として頑張って結果を出し、1人前の仕事ができるようになれたらと思います。
  • 営業の仕事を通して、どんな商品でも売れるようなセールススキルを身に付けたいと思っています。
  • 営業として結果を出し、正直なところ収入をしっかり伸ばしたいと考えています。
  • まずは1人のスタッフとして成果を残し、ゆくゆくはマネジメントの仕事もやってみたいと思っています。

営業は結果(販売数・契約数・売上)が重視される仕事なので、目的意識を持っている人は好印象になりやすいです。今後のビジョンを考えることはあなたにとってもプラスなので、自己分析と合わせて考えておくと良いですね。

「何か質問はありますか?」と聞かれる場合に備えて、逆質問を考えておこう

面接は基本的に企業の担当者から質問があり、それにあなたが答える形で進みます。ただ、面接の最後に、「何か質問はありますか?」と聞かれることは多いです。

ここで何も聞かなくても、それだけで不採用になることはありません。ただ、できれば何か質問しておくほうが「前向きにこれからの仕事を考えている」と思われやすく、好印象になります。

逆質問は、次の2パターンで準備できます。

  • 面接の前日までに、聞きたいことを考えておく。
  • 面接で担当者が話してくれる企業や業務の説明で、気になったことを質問する。

できれば後者の形で質問できると、より好印象です。「先ほどの仕事内容についての質問なのですが・・」と切り出して聞いてみましょう。前もって考えておく場合は勤務エリアや仕事内容などをより深く聞くなど、質問を考えておきましょう。

オススメは「質問を1つか2つ前もって考えておき、面接での話で新たに質問を思い付いたら、それを優先する」という方法です。

【逆質問の例】

  • 職場の雰囲気はどのような感じでしょうか。
  • 最初はどのような流れで営業活動が始まるのでしょうか。
  • 入社までに準備しておくべきことはありますか?
  • 担当する営業エリアはどのように決まるのでしょうか。

面接で合否がほぼ決まる!前もってしっかり対策しよう

希望の企業へ転職するために、面接対策はとても大切!「自己分析 → よく聞かれる質問の返答を考える → 逆質問を考える」と進めれば、キッチリ対策することができます。

また、転職エージェントを活用すれば、担当のアドバイザーに面接のよりピンポイントな相談ができたり、面接の練習をしてくれたりします。ぜひ活用すべきなので、登録がまだなら次のページから申し込んでみてくださいね(無料です)。

-未分類
-, , , , , ,

Copyright© 営業への転職完全ガイド , 2019 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.