未分類

リクルートエージェントは営業への転職にオススメ!特徴とメリット・デメリット

投稿日:

大手の転職エージェント「リクルートエージェント」は、営業への転職にもオススメ。営業の求人がたくさんあり、大手のサービスなので転職活動のサポートをしてくれるアドバイザーも信頼できます。

さらに面接対策について学べる「面接力向上セミナー」やリアルな企業情報をチェックできる「Agent Report(エージェントレポート)」など役立つツールもあり、活用するとさらに転職活動がスムーズになりますよ。

ここではリクルートエージェントについて、特徴やメリット・デメリットを解説します。管理人もオススメのサービスなので、ぜひ活用して良い転職をしてくださいね!

転職エージェントの先駆け的存在。「求人の量と質」が最大のメリット!

リクルートエージェントは聞いたことがあるかもしれませんが、大手企業のリクルートが運営しているサービス。転職エージェントの先駆け的存在で、ほかの企業よりも先駆けてスタートしました。

リクルートエージェントの一番大きなメリットは、「求人の量と質」です。ほかのサービスも求人が豊富なサービスはあるものの、やはりリクルートエージェントの求人数とその質はトップクラスです。

大学の就活で、「リクナビ」を使ったことってありますか?就活で使うサイトで、企業の情報や仕事内容をチェックしたり、エントリーシートを書いて求人へ応募したりするために利用します。

リクルートはリクナビのイメージが強く、企業も「就職・転職といえばリクルート」というイメージを持っています。そのため企業が中途採用の求人を募集するときもリクルートに依頼することが多く、リクルートエージェントには求人が集まりやすいのです。

こうしてたくさんの仕事を確保しやすいため、リクルートエージェントには「質の良い求人」も多いです。

求人には「働きやすくて仕事に見合った収入を得られる求人」もあれば、「ブラックな労働環境で、給料も安い求人」もあります。求人が豊富ということは、アドバイザーがわざわざ微妙な仕事を提案する必要がなく、リクルートエージェントは「自分にピッタリな仕事を紹介してもらいやすい」といえますね。

限られた求人の中で比較しても、ベストな選択はできないですよね。リクルートエージェントなら候補となる求人をたくさん紹介してもらえるため、その中から一番自分に合う企業を選びやすいです。

一般に公開されていない、非公開求人も多い

転職エージェントには、一般に公開されていない「非公開求人」という求人があります。

非公開求人は、転職エージェントのアドバイザーが「この人にぜひ検討してほしい!」と考えて、限定的に紹介してもらえる求人です。一般的な「公開求人」よりも給料や待遇が良い傾向にあるので、「非公開求人が多いほど、良い転職エージェント」といえます。

実はリクルートエージェントは一般に公開されている求人が少なく、約80%が非公開求人となっています。

これはつまり、「リクルートエージェントは、良い仕事をたくさん隠し持っている」ということ(笑)好条件の仕事を提案してもらえる可能性は十分あるので、「えっ、こんなにいい仕事へ応募できるの?」というケースも期待できますよ。非公開求人は自分の実力が認めてもらえるようで、紹介してもらえるだけでも嬉しくなります。

長年に渡ってノウハウを蓄積しているため、アドバイザーの実力も高い

リクルートエージェントは長年に渡りサービスを運営しているため、転職のノウハウも豊富。リクルートエージェントを利用して転職した人はたくさんいるため、新しい転職希望者に対してもスタッフが以前の事例を元にアドバイスできるのです。

また、リクルートはもともと大手企業として、高い人気を誇っている会社。優秀な人が集まりやすく、リクルートエージェントのアドバイザーも高い実力のスタッフが集まっているといえます。

あなたの悩みや不安を真剣に聞いてくれて、それに対して親身にアドバイスしてくれるアドバイザーがいれば転職活動はグッとラクになり、スムーズに進みます。

転職活動に役立つサポートサービス・ツールも便利

基本的に転職エージェントは「豊富で質の高い求人」「経験のあるアドバイザー」が揃っていれば、良い転職をしやすいといえます。

リクルートエージェントはこの2点を満たしているのですが、転職活動をよりラクにする便利なサービス・ツールもあります。

  • 「面接力向上セミナー」で、面接対策のポイントを学べる。
  • リクルートならではのリアルな企業情報「Agent Report」

「面接力向上セミナー」で、面接対策のノウハウを学べる

役立つサービスのひとつ目は「面接力向上セミナー」というもの。リクルートエージェントのスタッフが面接対策のノウハウを、セミナー形式で教えてくれます。

リクルートエージェントのデータによると、セミナー受講後の面接合格率はナント約16%アップ、受講満足度は約97%という、高い数字を誇っています。

リクルートエージェントに登録すると、面談があります。カウンセリングを通してアドバイザーがあなたのキャリアを確認してくれて、今後の仕事に関するアドバイスや求人の紹介があります。

この後はアドバイザーにメールや電話で相談できるので、面接の対策方法も教えてもらうことができます。ただ、よりまとまった対策ノウハウを知りたいなら、面接力向上セミナーに参加すると良いです。

「ここにどうしても入りたい!」という企業が見つかったら、面接対策はできる限りしておくほうが良いですよね。面接力向上セミナーはリクルートが蓄積してきたノウハウを教えてもらえるので、今回の転職だけでなく今後にも役立ちます。

リクルートならではのリアルな企業情報「Agent Report」

リクルートエージェントならではのツールとして、「Agent Report(エージェントレポート)」というものがあります。

これはリクルートエージェントのスタッフが、企業のリアルな情報をまとめたレポートのこと。リクルートエージェントはスタッフが企業の特徴・仕事内容・雰囲気などをチェックして、情報としてこの資料にまとめています。

転職をするときによく聞く言葉に、「働きやすいかどうかは、入社してみないと結局わからない」というフレーズがあります。たしかにそうなのですが、入社前になるべく詳しい情報を知っておくことは大切ですよね。

エージェントレポートはリクルートエージェントのスタッフが実際に企業を調査した、まさに「リアルな情報」。企業のリクルートに対する信頼や、豊富なネットワークがあるからこそできることといえます。

エージェントレポートは企業を選ぶ上でとても参考になるので、しっかりチェックしておくことをオススメします。

デメリットは「サブ的なツール・サービスがあまりないこと」

リクルートエージェントは総合的に考えてとても良いサービスですが、「サブ的なツール・サービスがあまりない」という点がデメリット。リクルートエージェントのサブツールは、上で紹介した面接力向上セミナーとエージェントレポートの2つのみです。

たとえば管理人がオススメするもうひとつのサービスである「DODA(デューダ)」では、「スカウトサービス」「職務経歴書作成ツール」「キャリアタイプ診断」「転職フェア」など、さまざまなサポートツール・サービスが充実しています。

一応これらがなくても転職活動はできますが、活用するとさらにスムーズに活動が進みやすくなるため、あるに越したことはないです。

リクルートエージェントは「求人」と「アドバイザー」にこだわった、ストレートなサービス。良く言えば「老舗」なのですが、逆に言うと「ずっと同じ」と言える面もありますね(汗)ただしもちろん総合的に見ればDODAと合わせてとてもオススメなので、どちらか迷ったら併用するのも良いです。

一番大切なポイントに絞った、まさに王道の転職エージェント

リクルートエージェントはまさに「王道のサービス」ともいえる転職エージェント。求人は量・質ともに豊富で、アドバイザーの実力も高いです。しっかりとしたサポートが期待できるので、これから転職活動を始めるにはぴったりのサービスです。

同じ営業でも、企業によって仕事内容や会社の雰囲気はぜんぜん違うもの。あなたにピッタリの企業をぜひ見つけてくださいね!

-未分類
-, ,

Copyright© 営業への転職完全ガイド , 2019 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.